大野城の先人たちが有した技術と古代の香りを感じよう!

大野城跡

古代山城「大野城」」は、太宰府防衛施設の1つとして、西暦665年に築造された日本最古の山城です。百済の亡命貴族の指揮下で造られたため、百済の山城と類似しており、朝鮮式山城と呼ばれています。山頂には土塁、谷には石垣が築かれ、内部いには倉庫の跡や井戸が見つかっています。
大野城跡は、国の特別史跡でもあると共に、「日本100名城」や「美しい日本の歴史風土100選」に選ばれており、大野城市の貴重な文化的資産の1つです。

水城跡

朝鮮半島で起こった白村江の戦い(西暦663年)で百済が唐・新羅の連合軍に大敗北し、滅亡したことがきっかけとなり、西暦664年に築造されました。水城は、白村江の戦いで百済から逃れてきた亡命者の技術をかりて作られた太宰府防衛施設の1つです。
大野城と同じく国の特別史跡である水城跡は、日本書記にもその名が残されており、その堤防は大野城跡がある四王寺山(大城山)山麓から下大利に至り、全長約1.2km、幅80m、高さ13mの人工の盛土による土塁で、博多側には幅60mの濠がありました。

善一田古墳群

大野城市の東部に位置する乙金山の山麓には、乙金古墳群と呼ばれる100基を超える古墳があり、全国でも有数の古墳密集地となっています。この乙金古墳群は、中心的な古墳群として3つのグループに分けることができ、善一田古墳群はその1つとなります。
善一田古墳群は、6世紀後半に出現した新しい勢力に中でも最も力を持っていたs集団の古墳と考えられており、善一田古墳群の王墓からは、豪華な副葬品が発見されています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください