大野ジョー報シート

畑詰地禄神社 祭礼・境内社

場所
仲畑3丁目10-26
分類No.
歴_0086は

祭礼・境内社

●祭礼
例祭日は 四月十五日(春ごもり)  七月十五日(夏ごもり)  九月一日(背中あわせごもり) 十月十五日(宮座)であるが、近年は勤め人が増えたこともあり近い日の日曜日に行っている。宮座株を持つ家は当初の二五戸であり、宮座当番は毎年五戸ずつの持ち廻りとして、畑詰本村地区二組田屋地区三組で組織され、五年ごとに当番に当たることになっている。宮座膳には「エビ」が必ず付けられていた。
●境内社
(1)荒五郎社  拝殿の南西側に高さ一二〇センチのコンクリートの祠があり、地元の人々は荒神さまと呼んでいる。御神体は何も入っていない。荒神は一般には三宝荒神即ち竈神とされている。また、地神、地主神あるいは山の神のような性格を持ったり、一族ごとの氏神的性質もあるというが、激しい性格の祟りやすい神と考えられている。しかし、荒五郎神社の由来について知る人はいない。(大野城市史 民俗編より)

PICKUP!

ピックアップ おすすめ記事
  1. 大野城の宝フォトコンテスト写真募集要項

  2. おおのじょうまちなかわくわくパビリオン説明会中止のお知らせ

  1. 👑Shalleton motor services 

  2. 【開催終了】おおのじょう ふるさと作家アート展

  3. 【完売しました】エコバッグにポーチ付きだじょー‼

  4. 【開催終了】チョークアート5人展

  5. 【受付終了】手づくりアロマキャンドルと光のたび

月別アーカイブ